FXで安定運用をする方法

FXで安定運用を目指したいと考えた場合にまず利用しようと思いつくのがスワップ金利による運用ではないでしょうか。
スワップ金利というのは、金利の安い通貨で金利の高い通貨を購入することにより得られる金利差を得ていくという方法です。
この方法では、長期間保有すればするほど金利差をより多く受け取れますので、まず前提として中長期的な保有をすることになります。
FXでの投資というと、この他に為替差益を得られるように外貨を購入するという方法がありますが、この場合には為替の変動を予測したりするために膨大な知識と長年の経験が必要になってきます。

そのため、初心者がいきなり挑戦するのには難しすぎると感じる方も多いかもしれません。
そのこともあり、スワップ金利を利用した運用というのは、初心者でも比較的安心して行うことができるFXでの運用方法として人気なのです。
しかし、だからといってリスクがゼロというわけではありません。
スワップ金利を利用して運用していく場合、比較的安定した運用ができますが、もちろん投資ですのでリスクはつきものです。

その代表的なリスクが金利変動リスクです。
金利は常に一定というわけではありません。
その国の政策の変更・経済状態の変化など、様々な要因によって金利は変化してしまいます。
現在、日本の金利は非常に低い状態になっていますので、それよりも少しでも金利の高い国の通貨を円で購入すればスワップ金利を得ることができますが、もしも何らかの要因で金利差が逆転してしまった場合、逆に金利差を支払わなければいけなくなってしまいます。

そこでこのリスクを避けるために大切なことは、できるだけ金利の安定している国の通貨を選ぶということです。
金利差があればあるほどスワップ金利による利益は大きくなりますが、金利が不安定な国の通貨を選んでしまうと保有している間に損失を出してしまうおそれも大きくなってしまいます。
そのため、中長期的に保有することが前提となるスワップ金利による運用の場合には、金利の安定している国の通貨を選ぶことがコツになってくるのです。

Copyright (C) 誰でもできる投資 All Rights Reserved.