FXで為替の仕組みを知ろう

FXは為替差益を得ることを目的とした投資の方法です。
そんなFXで利益を得ようと思った場合には、まずは為替の仕組みを知ることから始めなければいけません。
まずはFXで利益が出るのはどんな場合なのかを簡単に見ていきたいと思います。
1ドル=100円の時にドルを購入したとします。

そしてその後1ドル=120円になった時に円に買い戻します。
すると元々100円だったものが120円になるのです。
この時点で20円の為替差益を得られたことになります。
つまり、円高の時に外国為替を購入して円安の時に円に買い戻せば利益を得られることになると言えます。

その逆になってしまうと今度は為替差損といって損失が発生してしまいます。
もしも1ドル=100円でドルを購入し、1ドル=90円になった時に円に買い戻した場合、手持ちの資金は100円から90円に目減りしてしまい10円の損失が出てしまうのです。
つまり、外国為替を購入した後に円高がより進んでいまい、その状態で円に買い戻してしまうと為替差損が発生するというわけです。
FXの取り引きで利益を得るためには、この円高・円安のタイミングをうまく掴んでいく必要があります。

そうすることで的確に売買ができますので大きな利益を得ることができます。
また、スワップポント(スワップ金利)というのもFXの利益を見ていくうえでは欠かせないものです。
これはどういったものかというと、金利の低い通貨を売却し金利の高い通貨を購入する手続きをすると、その金利差分を受け取れるという仕組みのことです。

スワップポイントは1日ごとに発生しますので、購入して持っている期間に合わせて得られる利益と言えます。
FXを始めるにあたってまずチェックしておきたい利益の1つとも言われていますので、スワップポイントの高いFX業者を選ぶということはとても大切なことになってきます。
為替と聞くとなんだかとても難しそうなイメージがありますが、その仕組みが分かってくるととても楽しく取り引きすることができるのではないでしょうか。

Copyright (C) 誰でもできる投資 All Rights Reserved.